JR長浜駅改札出てすぐ!
地域と人を繋ぐ、コミュニティースペース。
えきまちテラス長浜は、食・暮らし・サービスの複合施設です。
駅直結という好立地を生かし、市民のさらなる活躍の場所とすべく“挑戦したい人が挑戦できる場所”を提供しています。




えきまちテラスの再生に向けて

えきまちテラス長浜は、2019年に「えきまちテラスの再生に向けて」と題して実施した、アンケートとディスカッションの中で、みなさまからいただいたご意見やご提案をもとに、えきまちテラスの共用スペースとえきまち長浜㈱が所有しているスペースを次の3つのキーワードを具体化する場所として再スタートを切りました。

3つのキーワード

再スタートした今の形が決して完成形ではありません。
みなさまにご利用いただく中で、ひとつひとつが具体化を積み重ねてUPDATEしていきたいと考えています。

アンケート調査報告書 
ゾーニングマップ(2020年7月 現在)


再スタート後は、満足度が高く、持続可能なオペレーションができるように、
えきまち長浜のスタッフと運営パートナー&サポーターが連携協力しながら施設を運営していきます。

えきまちテラスの運営体制



えきまちテラス長浜が目指すカタチ

長浜の暮らしに、
なくてはならない存在に
テラスとは、日本語で「縁側」のこと。
縁側は、家の中はでなく、外でもない、地域と繋がるコミュニティスペースです。

縁側に腰掛けるように、長浜に関わりを持ってもらい、
サスティナブルな「つながり」を生みだすこと。

それが私たち、えきまちテラス長浜の新しいミッションです。
えきまちテラス長浜のC&C
【Challenge】
=「まちの未来を照らすこと」

【Creation】
=「つながりを生み出すこと」
C&Cとは

市民をはじめ長浜のまちに関わるすべての人が「めざすまちの姿」である、『新たな感性を生かし みんなで未来を創るまち 長浜』を実現するための合言葉として、平成28年度「長浜市総合計画」を策定する際に定められたキャッチフレーズです。